白山神社

奈井江町から ふるさとへの道である道々114号線を走っていくと左手に懐かしい「白山」の文字がかかれた石碑が見えてくる。それは「白山神社」の石碑で、かつてはふるさとの何処にあった であろう社をこの場所に移設したものと思われる。何かふるさとの手がかりになるようなものがあるのではと思い、車を降りてみた。


鳥居の奥に社殿があり、 境内の紅葉は見ごろを迎えていた

 


社殿の後ろに小さな二つの社が見えたので階段を上って見た


左の社の石碑には「天照皇大神」と「大己貴命」の刻銘


右側には「相馬大神」の刻銘